【パーマの2剤】ブロム酸と過酸化水素(オキシ)のまとめ【メリット・デメリット】

ブロム酸と過酸化水素の違い

 

今回はパーマの2剤ブロム酸と過酸化水素(オキシ)の比較記事です。

わかりやすくパーマ初級者に向けた、内容お伝えできればと思います。

 

・サロンの2剤の使い方に疑問がある

 

・あんまり詳しいことを教えてもらえていない

 

などそんな疑問にお答えしていけたらと思います。

 

【1】ブロム酸

特徴

ブロム酸の特徴は、

・酸化速度が遅いので、時間はかかるがクリープ効果が見込める。

 

・反応後に塩が残るので髪にハリコシが出る。

酸化速度が遅いというのは施術に時間がかかるというとデメリットはありますが、反対にクリープ効果も期待できるというメリットもあります。

反応後に塩が残る特性もあります、これによってハリコシが出るのでパーマの場合リッジが出やすくなります。デメリットは残留してしまうこと。

 

【2】過酸化水素(オキシ)

特徴

過水の特徴は、

・酸化速度が早い

 

・酸化速度が早いので収斂(しゅうれん)して髪ストレスがかかる可能性もある

 

・反応後、化学式的には水しか残らない

 

・アルカリ活性化

こんな感じです。

過水は反応が終わってしまえば水になります、なので髪の毛に残留しないと考えられています。

しかし1剤で使ったアルカリ度が低い場合、過水濃度の高い2剤を使ってしまうと反応をしきれない過水が余ってしまいます。そういう場合は、過水でも残留してしまいます。

アルカリ値が高いほど活性化します。

 

【3】使い分け

多くのサロンでは、

・パーマ→ブロム酸

 

・縮毛矯正→過酸化水素

のような使い分けをされていると思います。

簡単にまとめてしまえば、

・柔らかく仕上げたい → 過酸化水素

 

・ハリコシを出したい → ブロム酸

のように使うといいと思います。

更に使い分けるのであれば、

1剤アルカリ高い → 過酸化水素

 

1剤アルカリ低い → ブロム酸

アルカリが低い1剤に対して、過水濃度が高い過酸化水素を使ってしまうと反応しきれない過酸化水素が出てきてしまい、髪の毛に残留してしまうので1剤のアルカリに対しての過酸化水素の濃度は気をつけた方がいいと思います。

【4】ブロム酸濃度・過酸化水素濃度

だいたいの目安ですが、

ブロム酸濃度6%前後

 

過酸化水素濃度1.25〜1.5%前後

だと思いますが使っている商材メーカーに電話で問い合わせましょう。

【5】混ぜるな危険

ブロム酸(臭素酸塩)と過酸化水素を混ぜると臭素という有毒物質がでることもあるので、ダブル還元ならぬダブル酸化は避けておいた方がいいと思います。

パーマくらいの濃度じゃ出ないという意見もありますが、大切なお客様のために無理してやる必要は全くないです。

【6】まとめ

どっちがよくて、どっちがよくないということはなく

・1剤とのバランスを考える

 

・特徴によって仕上がり質感で選ぶ

これを頭に入れて2剤を選んでいければ、また一歩進んだパーマ施術をお客様に提供できると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です