【美容師必見!】縮毛矯正がかからない時の5つの対策方法【無料公開】

今回は縮毛矯正でなかなかくせが伸びないとき、かからないときの対処法について解説していきたいと思います。

縮毛矯正専門店ではなく普通美容室での縮毛矯正の強化スキルになりますので、幅広い美容師さんの参考になれば幸いです。

次の施術から使える5つのテクニックを紹介します。

読んで欲しい方

  • 縮毛矯正スランプ中の方
  • スタイリスト駆け出し
  • 縮毛矯正勉強中の方

参考になれば幸いです。

【1】還元値をあげる

これは王道ですが、薬剤パワーをあげる施術です。

ポイントはアルカリ度をあげるのではなく、還元値をあげるということです。

薬剤の還元値について詳しくは、

関連動画

パーマも縮毛矯正も髪の毛の形を変える力は還元値です。

なかなか縮毛矯正がかからない、伸びない場合は、還元値を見直しましょう。

【2】シャンプー剤をミックス

ツイッターでもよく呟きますが、1剤へのシャンプーミックスはお手軽に効果を発揮できます。

シャンプー剤はほとんど水と界面活性剤なのでパーマ剤に入れることで薬剤と髪の毛への馴染みを促進してくれます。

プレシャンプーでやたら水が弾かれる髪質の方に有効です。

減力もしますが浸透する分薬剤パワーはトントンなイメージです。

1プッシュ、2プッシュくらいでOKです。

1剤の流れもよくなるのでおすすめです。

【3】プレアイロン(応力緩和)

1剤塗布前にアイロンを入れておくことも効果は大きいです。

アイロンを入れておくことで1剤塗布後もストレートに近い状態にしておくことができます。

これを応力緩和といいますが、1剤の放置を希望の形に近い状態にしておくと伸びやすくなります。

デジタルパーマの1剤時にロッドオンするのも同じ理屈です。

【4】クリープをする

意外に知られていませんが、縮毛矯正もクリープという概念はあります。

1剤水洗後にすぐにドライに入らず、ウエットのまま加温したり放置することで髪の毛の中ではクリープ効果は進んでいます。

水洗後に軟化があまい感じがあれば、ここでクリープを追加する対策も有効です。

クリープについて詳しくは

関連記事

»【威力絶大】クリープパーマの「クリープ」とは??その偉大さを知ればパーマがかからない失敗を減らせる。

関連動画

【5】アルカリ度を下げて時間を置く

【1】にリンクする内容になりますが、1剤の放置時間を長くすることも有効です。

ポイントはアルカリ度に注意するということです。

アルカリが高いことが髪の毛への一番の負担です。

アルカリ度が必要以上に高い場合、1剤放置の時間をあけることができないのであえてアルカリ度を下げて時間を長めにおくのもありです。

関連動画

【6】まとめ

以上縮毛矯正がかからない、くせが伸びないときの5つの簡単なテクニックでした。

5つ全部使うというよりは、状況によって複数を組み合わせるのがいいオススメです。

すぐに使えるものばかりだと思うのでぜひ使ってみてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です