【美容師】売上げを上げたい前に考えておくべき3つのこと

今回は初めて美容師の雑談について書いて見たいと思います。

美容師の売上げを上げたい前に考えておくべき3つのこと

現役美容師として色々な美容師をみてきた主観で書いていくのであくまでも参考程度に。

共感できる部分が少しでもあればと思います。

【1】なんで美容師やっているのか明確にしておく

美容師をやるうえでこれが一番大切なんじゃないかと思います。

現状①

  • 楽しくてやっている
  • お客様に喜んでもらいたい

という場合は全く問題ないと思います

現状②

  • かっこいい
  • モテそう
  • ノリ

上記の場合は考えを少し改めた方がいいかもしれません

ちなみに僕は最初かっこいい、モテそうという理由で美容師になりました。

現状①現状②の違いは美容師をやっている理由がにあるかにあるかという違いです。

美容師をやっている理由が結果としてお客様のためになるベクトルであればいいですが、

自分にベクトルが向いている人はなかなか売り上げを上げることが難しいとみていて思います。

お客様がいないといきていけないのが美容師です

わかりやすいのは実際に自分がどっちに人にやってもらいたいかということです。

  • 自分のために美容師をしている人
  • お客様のために美容師をしている人

答えは明白です

今が現状②の場合でも美容師をやっていくうちに徐々に楽しさを見出すことはできるのでこのマインドを頭に入れて少しずつお客様のためにベクトルを向けていければいいと思います。

あとは美容師としていきていくと決めることが大切です

 

【2】人のせいにしない

美容師に限ったことでもないと思いますが、自分の思い通りにならないことを人のせいにするようでは成長はできません。

例にあげると

  • 売上げが上がらない
  • 技術チェックに受からない
  • スタッフが思い通りに動かない

人や環境のせいにするようでは何をやっても上手くいかないです

世の中には原因と結果しかありません。

売上げが上がらない

売上げを上げる原因がないと売上げが上がる結果には繋がらないということです

どうやったら売上げをあげるを考えて売上げが上げるための原因作りに全力を注ぐ

 

技術チェックに受からない

なかなか技術チェックに受からない場合も

受からない原因があって、受からない結果がある

受からない原因を探してその原因を消していきましょう。

あまりにも理不尽な環境などであれば秒速で移籍するべきです。

 

スタッフが思い通りに動かない

スタッフが思い通りに動かないのも仕方がないことです

みんな自分のためにいきているので人を動かすのは至難の技くらいに思っているといいかもしれません。

自分ですら

・明日から朝活しよう

・毎日練習しよう

なんて決めて続く人の方が少ないのに

他人を思い通りに動かそうなんて無理な話ですね

これもまたスタッフに動いてもらうための原因を作らないといけません。

 

【3】自分の立ち位置を知る

なかなか難しいところですが、社会において、サロンにおいて自分のポジションをありとあらゆる物差しで測ることが重要だと思います。

  • 自分がいいと思うものは実際はどれくらいの人が共感してくれるのか?
  • 自分の売上げもサロンの中だけでなく、外の世界で比べた時にどのくらいにいるのか?
  • 自分の技術力は世の中の人と比べた時にどれくらいなのか?

数字化できるところは数字化して自分に逃げ場を作らないことがオススメです

現実に気づくと結構ショックを受けます

僕も始めた頃は思っているよりリピート率が低くてショックでした。

よくリピート率90%みたいに書いている人がいますがそれはリピーター率でリピート率90%は神がかった数字なのでなかなか難しいと思います

 

リピート率

  • 当月リピート率(%)=当月リピート顧客数(人)÷累計新規顧客数(人)×100

リピーター率

  • 当月リピーター率(%)=当月リピート顧客数(人)÷当月の総顧客数(人)×100

リピート率はデビューしてからの累計新規顧客数というところがポイントです

美容師歴が長ければ長いほど自然に低くなってします。

リピーター率で80%〜90%くらいというのは当たり前でその月に新規のお客様が来なければ100%になります。

実際のリピート率はどのくらいかをしっかり自分で知り高めるための対策をとっていくことが大切です。

リピーター率は新規をたくさんとって低くなるようにしてもいいということです。

これはほんの一例ですがあらゆる角度から自分に厳しく自分を分析することが圧倒的成長へ一歩だと思います。

自分の

  • イケてない部分
  • イケている部分

これを明確にしておくことがこれからは大切になってくると思います。

【4】まとめ

先輩に売上げを上げる方法を教えてもらったり、ネットで調べると集客コンサルなど山ほどありますが多くはやり方なことが多い印象です。

やり方も大切ですが、まずは売上げを上げるためにはどんな考え方や、どんな人であるべきかを考えるのも美容師として売上げるために遠回りではないと思います。

長く書きましたがこのブログを一言でまとめるなら

自分だったらどんな人に髪の毛をやってもらいたいかという考えて自分を変えていくこと

ができれば、SNSでバズらなくても自然に売上げは上がっていくと思います。

 

参考書籍

「原因」と「結果」の法則

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です